年明けからけっこう忙しい日々を送っていた。
 今月は昨日まで、1日、4日、5日、7日、11日が休みだったのだが、1日5日の他はすべて病院に行っていた。母の体調が先月から優れず、かかりつけの病院から大学病院で検査するように言われ、連れて行ったのだ。

 4日は朝9時から午後2時半まで5時間半病院に滞在し、7日は正午から午後3時まで3時間、11日は朝9時から正午までの3時間。疲れた。
 特に疲れたのが、検査結果を聞いた11日だった。血液や腎臓にかなり悪い数値が出たための検査だったので、待っている間ずっと長期入院のこととか葬儀のこととかを考えていたのだ。待合室にはウィッグのサンプルなどが展示してあり、気が重くなるばかりだった。

 受付番号を呼ばれ、内心ハラハラしながらその検査結果を聞きに診察室に入った。担当医が座っている。彼はぼくたちが入ってきたのを確認し、
「扉を閉めて下さい」と言った。緊張の一瞬だった。
 そしてぼくたちの方を向いて、
「数値が良好になっています。なぜ良好になったのかは調べないとわからないのですが、これで悪い病気の疑いはなくなりました。先月の数値が悪かったのは、薬やサプリメントの影響か、一時的な疲れのせいだったのかも知れません」と言った。
 ということで、ひと安心。今月末と来月頭の二回だけ再診を受ければ、とりあえず大学病院は終わりになる。

 おかげで今日と翌週の休みは病院に行かずにすんだ。 この記事を上げたら、先月から行きたかった床屋に行こうと思っている。
 それが終わったら『コンフィデンスマンJP英雄編』を観に行きたいんだけど、初日だからきっと多いだろう。やっぱり来週にしようかなぁ。

 ところで今日のタイトルだが、なぜ『シンクロ』にしたのかというと、実は身近な方の何人かが、ぼくと同じように、今月に入って母親を病院に連れて行っているのだ。その方たちの結果がどうなったのかは知らないが、結果もシンクロしてくれれば、と願っている。

8EFC8213-1C15-4674-8E42-28A97C8B7570
写真の奥にあるチョコレート色の建物が大学病院です。ぼくの家から撮りました。実はすぐ近くにあるのです。